お気に入りの電球ソケット ELPA コード付ソケット E26 KP-M2615H

基本kuriは安物買いの銭失いなんやけど、この品物は銭失うことなく活用してて、今4種ある水槽の全てで使ってる。

ホンマはクリップ付きの方が取りつける場所の選択が広がって便利やねんけど、ここと決まったら動かす必要のない場合も多いからね。

そんな時はこれを使ってる。あと、設置高っていうんかな?高さを稼ぎたい時にクリップ付きよりええような気がするね。

クリップ付きは下にしたい場合はええけど、高さを確保したい場合は意外にし辛いから。

まぁなんやかんや言うても何はともあれ、やっぱり安さが正義やねんけどね。kuriにとっては。



IMG_20180614_163929.jpgIMG_20180614_163748.jpg
IMG_20180614_163829.jpgIMG_20180614_163810.jpg

安いけどちゃんとスイッチも付いてるのがええね。タイマーつけてるからあんまりスイッチ使うことはないけど、お試し設置とかする場合に、スイッチがあるとないとじゃ大違いやし。

まぁ普通、水槽には水槽用のライト使うんやろうけど、うちはアクアテラリウムが主になってるから、ちょっと高い位置にライトつけなアカンので、水槽用ライトはちょっと使いづらいんよね。

ライトはLEDスポットライトが多いね。2年くらい前に買ったんやけど5個1500円くらいやった。これはお買い得やったんかな。

同じのんはもう売ってないみたい。よく似てる商品でも今はもうちょっと高くなってる感じやわ。

性能はどうなんやろね。

色味の好き嫌いとかは個人毎にちゃうしね。kuriなんかはあんまりこだわり無いし、実際に見比べへんかったらエエか悪いかよう判断せんしね。

まぁやっぱりkuriにとっては何よりも安さが正義ですわ。




アドオン型アクアテラリウムの微妙な仕掛け ~洞窟に差込む太陽の恵み~

第3のアクアテラリウム水槽であるアドオン型アクアテラリウム水槽(いつの間にそんなネーミングなったんや!?)やけど、実は計画段階でこれは是非実現しときたいと考えてた仕組みがあったんよね。
IMG_20180614_151443.jpg
アドオン型アクアテラリウムの基本コンセプト?は既設水槽の環境を保ちつつアクアテラリウム環境を実現することやって、そうするとアクアテラリウム部の下に広大なデッドスペースというか暗闇が出来てしまうんよね。
上の写真の右下四分の一のエリアがまさにそうなってしまってる訳で、これは計画段階から想定していたことやから、このデッドスペースになんとか対策を打ちたいなぁという考え。
で、考えたのが、っていうか誰でも考えつくのが、穴開けといて上から灯差し込ましたらええやんっていう仕掛けになる訳やね。
IMG_20180318_082131.jpg
結構大きな穴開けたつもりやったんやけどね。というかこれ以上大きくしたら植栽する部分がなくなってしまう。
で、このライトが洞窟に差込む太陽やね。
IMG_20180613_183931.jpg
アクアテラリウムが出来あがった当初はなんとか良かったんやけどね。
IMG_20180415_173747.jpg
上から灯が差込む感じになってるし、それによって結構全体が明るくなってる。
でも、今や上は雑草だらけの空地やからね。肉眼で見たらもうちょっとマシやねんけど。写真にしたらアカンね。
IMG_20180614_151443.jpg
IMG_20180614_151458.jpg
上が普通に撮った写真。下が洞窟?の露出に合わせて取った写真。これでなんとか灯が差し込んでるように見える???
計画倒れやな。
いや、しかし待てよ。
これって自然界でもおんなじようになるんちゃうん?
穴があっても上を草木が覆い尽くすなんて普通にあることやん。
そうかーこれが自然や自然の姿なんや。
これでいいのだ。
_| ̄|○