朗報!生きていたキイロサンゴハゼ2号 悲報!死んでいたのはキイロサンゴハゼ1号

なんか最近、キイロサンゴハゼが泳ぐ姿をよく目にするんよね。以前はキイロサンゴハゼ1号はサンゴの中にいることが多く、キイロサンゴハゼ2号は人目につかない岩陰、物陰に潜むようにしてることが多くって、泳ぐ姿って1号が2号を追いかけ回す時ぐらいやってん。
それが最近、サンゴの中にいるのは稀で殆どが泳いでる姿。丸で2号が死ぬ前とは異なる生態になってる。
IMG_20180610_192759.jpg

んーそういえば姿形もなんか違和感。1号はもっとでっぷりした感じやったし、黄色ももっと鮮やかやったような気がする。
あれーこれって1号やなくて2号やん。間違いないわ。
死んだん2号ちゃうかったんや。そーなんや。
ってことは1号が死んでたんか。ビックリ~意外~。なんでやろ?なんか突発的な事故やったんかな。

そうかー2号よかったな。1号は残念。
まぁ飼い主にとっては生きてるキイロサンゴハゼは1匹というのは変わらん訳やけどね。




ビルトイン浄水器(クリンスイU A501)修理を断念して交換した

今住んでいる家に住み始めて15年以上が経過してます。年月の経過は電化製品や家財道具に明確な劣化を与えるんやね。まぁ一番劣化が激しいのは自分自身やねんけどね。グスッ(T_T)

台所に設置されてたビルトイン浄水器クリンスイUもご多分に漏れず劣化して、栓を締めても水がポタポタと漏れるようになったんで、自分で直せへんもんかとまずは型番を調べたら、クリンスイU A501だということが判った。

IMG_20180610_103829.jpg

早速、グーグル先生に聞いてみたら、どうやらA501というのは既にメーカーでは販売終息になってるみたいで、それにあんまり売れてないんか判らんけどネットに情報があまりない。

いろいろ探しているうちに一つ有力な情報を見つけた。最安パターンやったら、100円程度で直せそう。こりゃ自分でやってみる価値ありそうやねということでチャレンジ。

水漏れ箇所.jpg当初は写真の①の先から水がポタポタ漏れるように

参考にさせていただいた記事によると、下の写真の丸で囲んだ部品を外すと、中には普通の水道で使われてるコマのパッキンが流用出来たとの記事があったので、さっそくホームセンタでコマを買ってきて、まずは部品外しから。

交換箇所.jpg
コマ.jpg

がしかし、15年の月日による強力な癒着が行く手を阻む。いくつかのネット記事でもこの部品を外すのが難関らしく、ハンマーで叩いたり、潤滑剤を塗布したり皆さんかなり苦労している模様。

で、うちの場合、、、、ナット部分を完全になめてしまい、部品外しを断念せざるを得ない状況に。一旦諦め現状復旧してみると、カンカン叩いた影響か更に水漏れ状況が悪化してた。上の写真の②部分からも水がジワジワと漏れる状態に。
ガーン_| ̄|○ 

取り敢えず、栓をガッチリ締めると①②とも水漏れは止まってるように見えるんで、当面、浄水器なしで行こうということになった。

でも、最近の水道は美味しくなったという話は聞くもののなんとなく水道臭を感じてしまうんよね。ソーダストリーム使って炭酸水作って、焼酎割りして飲むんやけど、その時どうにも水道臭が気になって仕方がない。

うーん。やっぱり浄水器がいるなぁってことで、決断。

部品が外されへんのやったら、全部取り替えたらええやん!!

ってことで、ネットを検索。あんまり数はないけど、最安で浄水カートリッジ付き送料、税込み22,320円が最安。浄水カートリッジだけで、8,000円程度することを考えると、実質15,000円くらいかな。

当初は100円程度の出費と見込んでただけにその差は大きいけど、しょーがない。ってことでポチッとな。

IMG_20180610_073620.jpg

ホースとかも単品やったら結構な値段するし、実質15,000円やったら、まぁええんちゃうんかな。

IMG_20180610_073736.jpg

取り外し、取り付けは小一時間でほぼ交換できた。

でも、浄水器を下側から抑える部品を締めるのに使う工具がなかったので、仮締めでとりあえず使える状態にまでして、ホームセンターに工具(13mmのT型ボックスレンチ 500円弱)を買いにいったから、その時間加えると3時間弱かな。

締める箇所.jpgこれを締めるために13mmのT型ボックスレンチが必要

IMG_20180610_075703.jpg

ホース類を外し、古い浄水器の留め具を外す。新旧で止め方が変わってる。古いタイプの留めかたやったら、一体どうやって締めたらええんやろう?

旧下から.jpg

浄水器本体を上から抜き取り、新しい浄水器に入れ替える。

新タイプ.jpg

出来上がり。

完成.jpg

これでまた芋焼酎の炭酸割りが美味しく飲める。よかったよかった。

ちなみに取付費込は29.500円(税・送料込み)であったので、取り付けする手間を考えると、これもありやったかも。

このエントリーをはてなブックマークに追加

posted by kuri at 13:09Comment(0)DIY